事業案内

お役立ち情報

個人のお客様向けお役立ち情報

これから家を建てたい、リフォームしたいとお考えのお客様に住宅用断熱材の基礎知識や製品選びのヒントなどをご紹介しています。

住宅の快適性~住まいを快適にする断熱材選びのポイントとは~

カテゴリ:いえづくりについて

木のベンチは快適だけど、鉄のベンチは座るとおしりがひやっと冷たい。でも実は、同じ温度の場所にあれば、鉄も木も同じ温度になります。 同じ温度なのに体感は全くちがう!? 私たちが感じる「暖かい」・「冷たい」という体感には、不思議なメカニズムが作用しています。 このメカニズムを「体感原理」と呼んでいます。この「体感原理」がわかると、住まいを快適にする方法がわかります。

続きを読む

住宅用グラスウール断熱材の特長~グラスウール断熱材が住宅向けに選ばれる理由~

カテゴリ:いえづくりについて

断熱材として古くから世界中で親しまれ、最も多く使われてきたのがグラスウール断熱材です。こうしてグラスウール断熱材が長く使われてきたのには理由があります。それは性能面や価格面だけではなく、他にも次のような多くの優れた特徴を持っているからです。 グラスウール断熱材が住宅向けに選ばれる理由をご紹介します。

続きを読む

長期優良住宅

カテゴリ:新築をお考えの方

「長期に渡って長持ちする住宅」の普及を目指し、「長期優良住宅の認定制度」が設けられました。 「長期優良住宅」に認定されれば、減税措置など金融メリットがあります。

続きを読む

【フラット35】S

カテゴリ:新築をお考えの方

【フラット35】は、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して実現した長期固定金利の住宅ローンです。 【フラット35】 のメリット 長期固定金利 【フラット35】は最長35 年の全期間固定金利です。 お借り入れ時に返済終了までの返済額が確定し、返済途中で金利が変わらないため、計画的な返済を行うことがで...

続きを読む

既築住宅・建築物における高性能建材導入促進事業

カテゴリ:リフォームをお考えの方

平成26年度補正 既築住宅・建築物における高性能建材導入促進事業 「平成26年度補正 住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入促進事業費補助金(既築住宅・建築物における高性能建材導入促進事業)」は、既築住宅の省エネ改修を促し、省エネを推進するため、省エネルギー性能の高い高性能建材(※)を用いた改修を行...

続きを読む

健康で快適な我が家にチェンジ!!断熱リフォーム(社団法人日本建材・住宅設備産業協会)

カテゴリ:リフォームをお考えの方

社団法人日本建材・住宅設備産業協会による「断熱リフォーム」ウェブサイトが公開されました。 ご自宅のリフォームをお考えの方に役立つ情報が、以下のウェブサイトにてご覧いただけます。 社団法人日本建材・住宅設備産業協会のウェブサイトが別ウィンドウで開きます。...

続きを読む

省エネ改修促進税制

カテゴリ:リフォームをお考えの方

地球温暖化防止に向けて家庭部門の二酸化炭素排出量の削減を図るため、既存住宅で一定の要件を満たす省エネリフォーム工事には、所得税、固定資産税の減額制度が設けられました。 住宅の省エネルギー改修税制の概要 対象税 優遇税制の種類 減税額 省エネルギー改修工事の条件 内容 費用 所得税 【1】住宅ローン...

続きを読む

断熱リフォーム ~ 症状別対策

カテゴリ:リフォームをお考えの方

カンタン断熱リフォームで、住まいの悩みを解決できます。夏の屋根面は表面温度が 50 ℃以上と非常に高温になります。そのため小屋裏に断熱材が入っていなかったり、不足していると、熱が小屋裏にこもり、 天井も熱を持ちます。この熱が室内に伝わるため、 2 階は蒸し暑く、クーラーも効きづらいといった不快な住環境の原因となります。

続きを読む

断熱リフォーム ~ 部位別施工法

カテゴリ:リフォームをお考えの方

短期間で、施工も容易。住まいの断熱リフォームできます。天井点検口または押入れの天袋などから天井裏へ上がり、専用の吹込み機械で、専用グラスウール断熱材を吹込み施工します。

続きを読む

断熱改修シミュレーション

カテゴリ:リフォームをお考えの方

あなたの家の断熱改修をシミュレーションしてみませんか。II ~VI地域の一般的な戸建住宅について、部位毎の断熱改修手法を組み合わせることで、改修費用はどのくらいかかるか、どの程度省エネルギーや CO2 排出削減が期待できるかを簡単にシミュレーションできます。断熱改修の目安としてご活用ください。

続きを読む

このページのトップへ