壁の中から健康を考える

冬は暖かく、夏は涼しい、健康で快適な住まいに。
アクリアαは断熱性能シリーズNo1

高性能断熱材「アクリア」

高性能断熱材「アクリア」での高断熱住宅の特長

省エネ

省エネ

ENERGY-SAVING

省エネ
快適・健康

快適・健康

COMFORTABLE/HEALTH

快適・健康
安心

安心

SAFE

安心

初めての家づくり、
あなたは何を重視していますか?

せっかく完成した家に対して後悔する人が多い理由として、「建ててから、住み始めてから気づくことが多い」ということが挙げられます。
一戸建て注文住宅購入者に調査した結果、家づくりでまず重視されるのは「間取り」「収納スペース」「室内設備」などの目に付きやすい箇所でした。
「省エネ性」「断熱性」「遮音・防音性」「防湿性」「耐火性」「耐久性」「耐震性」などの建物躯体の性能に関わる項目、すなわち「家が建ってしまえば“見えない箇所”」は「依頼先に相談しなかった」あるいは「検討すらしなかった」という人が多く、“目に付きやすい箇所”は具体的なイメージを抱いた上で積極的に選定に参加した一方で、“見えない箇所”は重要性を認識しながらも具体的な行動をとりあぐねている状況が示唆されます。
また、「家づくりで重視したこと」と「次に家を建てるとした場合に重視したいこと」を質問したところ、すべての項目で「次に重視したい」という回答が上回り、この差分が「改善したい点=後悔している点(後悔度)」であると考えられます。
後悔度が最も高いのが「省エネ性」、次いで「断熱性」「維持管理の容易さ」「遮音・防音性」、「防湿性」となり、いずれも“見えない箇所”の後悔度が高くなっています。男女別で比較すると、女性は各項目で男性より後悔度が高く出ています。一般的に女性の方が家にいる時間が長く、いろいろなことに気づきやすいことや、そもそも家づくりの際に「見えない箇所」を夫に任せがちであったためと考えられます。
※調査の詳細は「家づくり見える化プロジェクト」をご覧ください。

後悔度(次にとても重視したいこと ー とても重視したこと)

後悔度(次にとても重視したいこと ー とても重視したこと)

!!失敗しない家づくりの鉄則!

「家の見えない部分」も重視すべし。

省エネ、断熱、防音、防湿、耐火、耐久などの「建ててしまえば見えない」項目は、家づくりを経験した多くの人が依頼先と相談や検討をせずに、建ててから後悔しています。
断熱材選びは、省エネ性や断熱性、防音性、防湿性、耐火性、耐久性などの「家の見えない部分」の性能を大きく左右する重要なポイント。
これから家づくりを検討されている方は、後悔しないためにも高性能断熱材「アクリア」で省エネ、快適・健康、安心の住まいを考えてみませんか?

失敗しない家づくりの鉄則

高性能断熱材「アクリア」で「省エネ」
「快適・健康」「安心」の家づくりを実現!

「アクリア」は住まいをまるごと包み込む断熱材です。

高性能断熱材「アクリア」は、優れた断熱性能に加え、健康、安全、環境への配慮までも品質にした高性能なグラスウール断熱材です。シックハウス症候群の原因の1つといわれているホルムアルデヒドを原料に含みません。
冬は暖かく夏は涼しい高断熱住宅が、すべて高性能断熱材「アクリア」で実現できます。

アクリアについてはこちら

省エネ

省エネ

ENERGY-SAVING

冷暖房コストが下がり、家計にもやさしい!

1年間に使う冷暖房費を比べてみると…

断熱等性能等級4相当の家約47,000円、断熱等性能等級3相当の家約68,000円冷暖房費が約30%お得!

※東京、木造軸組、一定の条件のもとで事業主基準湿暖地モデルプランによる計算。当社計算値

一般的な住宅(断熱等性能等級3)の家と、高性能断熱材「アクリア」を使用して断熱性を高めた家(断熱等性能等級4)とを比べると、年間の冷暖房費は約3割も節約できます。
また、冷暖房効果が上がれば冷房機器にかかるコストも抑えられます。

アクリアの省エネ性能

最新の細繊維技術により断熱性能がUP

断熱性能の比較

断熱性能の比較

高断熱をリーズナブルな価格で実現!

一般的なグラスウール、アクリアネクスト細かく均一な繊維により断熱性を向上!手触りもソフト

グラスウールは、細いガラス繊維が絡み合ってつくられる空間によって、熱を伝えにくくしている断熱材です。高性能断熱材「アクリア」のような高性能グラスウール断熱材は、一般のグラスウール断熱材に比べ繊維径が細かく、本数が多いので、断熱性能がさらに向上しています。

長い間安定した断熱性能を発揮!

グラスウールの断熱性能の経時変化

グラスウールの断熱性能の経時変化

※施工当時の熱抵抗規格値を1.0としたとき
硝子繊維協会調査より

グラスウールは、経年変化の少ないガラスからつくられています。長期間たっても性能の劣化の少ない断熱材です。

建築後約18年~22年経った木造住宅の壁の中のグラスウール断熱材※を調べたところ、寸法、断熱性能とも変化なく、変わらない性能を保っていることがわかりました。
硝子繊維協会資料より(※当時の商品)

一方、発泡系断熱材は、断熱性能が3ヶ月以内に14~19%低下するという測定値※があります。

※平成18年度断熱材の長期断熱性能評価に関する標準化調査成果報告書(NEDO)を元に作成した資料より

快適・健康

快適・健康

COMFORTABLE/HEALTH

快適な住まいは、健康にもよい!

冬、同じ室温でも暖かさが違う

同じ温度でもカラダが感じる温度(体感温度)が違うことをご存じですか?
例えば気温が30℃のとき、道路と緑の多い公園にいるのではどちらが涼しく感じられるでしょう。下の図は、断熱性能が高い家と低い家で、同じ室温20℃で体感温度がどのくらい違うか示したものです。室温が同じでも、床、壁の表面温度が低いと寒く感じられることがわかります。断熱性能を高めると表面温度が上がり、室温20℃でも十分暖かく感じられるようになります。
また、室内の温度ムラが少なくなるため、足元も壁際も温かく快適に過ごせます。

冬、同じ室温でも暖かさが違う

健康的な生活が期待できる!

例えば、断熱性が高い家だと室内の気温が暖かくなることで「風邪をひきにくくなる」というデータがあります。
また、断熱性の高い家に引っ越してから「気管支ぜんそくが改善した」「手足の冷えが改善した」など、体調不良の改善にも貢献しています。

冬、風邪をひきにくい

冬、風邪をひきにくい

体調不良が改善する

体調不良が改善する

ヒートショックを起こしにくい!

室温の変化により、血圧の急上昇や脈拍が早くなるなどの影響を与えるヒートショック。脳出血や脳梗塞、心筋梗塞につながることもあります。ヒートショックを起こしにくい、健康な住環境をつくるには断熱性能を高めることが重要です。
高性能断熱材「アクリア」で断熱性を高めることで家中の温度差が小さくなり、ヒートショックを起こす可能性を抑えられます。

ヒートショックを起こしにくい!

アクリアの健康性能

シックハウス症候群の原因の一つといわれるホルムアルデヒドを原料に含みません

NONホルムアルデヒドホルムアルデヒドはシックハウス症候群との関連だけでなく、発がん性が指摘されている有害物質です。
高性能断熱材「アクリア」なら、ノン・ホルムアルデヒド。ご家族の健康と安心に配慮して、ホルムアルデヒドを一切含まない材料を使用して製造しています。

家族の健康・安心に配慮

高性能断熱材「アクリア」は、安全性が国際的にも高く評価されているグラスウールです。
万一、施工時に吸い込んだとしても体内に吸収されにくく、発がんリスクも認められていません。

グラスウールは、物質の発がん性評価機関「IARC」(国際がん研究機関)により“グループ3”に分類され、その安全性は国際的にも高く評価されています。

グループ1 ヒトに対して発がん性がある。
アスベスト、たばこなど。
グループ2 A ヒトに対して発がん性でありうる。
とても熱い飲み物、レッドミート(ほ乳類の肉)など。
グループ2 B ヒトに対して発がん性の可能性がある。
ガソリン、ピクルスなど。
グループ3 ヒトに対して発がん性に分類されない。
グラスウール(短繊維)、コーヒー、紅茶など。
グループ4 たぶんヒトに対して発がん性がない。
カプロラクタム1品種のみ

国際がん研究機関(IARC)モノグラフ
2016年6月現在
※国際がん研究機関は、世界保健機関(WHO)の一機関です。

安心

安心

SAFE

不燃の断熱材なら火災時の安全性が違う!

万一、隣家で火災が発生すると、出火から30分程度で外壁は800℃を超える高温にさらされることになります。
断熱材のなかには可燃性のものもあり、発火したり溶けて煙や有毒ガスを発生させる場合もあるので、不燃の断熱材を選ぶことが大きな安心につながります。

不燃の断熱材の火災時の安全性

アクリアの安心性能

高性能断熱材「アクリア」は火に強く、燃えにくい材料です

ガラスが主原料なので火に強く、燃えにくい材料です。
火災時にも延焼や類焼を最小限に抑えられますし、万一燃えても煙や有毒ガスが発生しません。

高性能断熱材「アクリア」

発泡プラスチック系の断熱材

比較方法: 150mm角の資料をセットし、下から炎をあてた後の状態を撮影。

「日経ホームビルダー」の『採用したい建材・設備メーカーランキング2016』の断熱材部門で1位に選ばれました。

旭ファイバーグラスは日経BP社が刊行する家づくりの実務情報誌「日経ホームビルダー」(2016年12月)の『採用したい建材・設備メーカーランキング2016』の断熱材部門において、3年連続1位に選ばれました。

アクリアをご検討の方は、お近くの工務店様、ハウスメーカー様に「断熱材はアクリアで」とご相談ください。

日経ホームビルダー