###_DCMS_PAGE_TITLE_###|グラスウール断熱材・吸音材・保温材、産業資材の旭ファイバーグラス

search
contact
旭ファイバーグラス > お役立ち情報 > 建築物省エネ法 住宅_H28年基準 省エネ計算(UA・一次エネ)

建築物省エネ法 住宅_H28年基準 省エネ計算(UA・一次エネ)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

H28年省エネ基準の判定には、1棟ずつ計算で行う建築主の判断基準と仕様基準があります。
ここでは、建築主の判断基準となる計算方法について解説します。

1.外皮の性能基準

1)外皮平均熱貫流率(UA値)

屋外にどのくらい熱が移動するかを表す指標が熱貫流率です。外皮熱貫流率とは、住宅全体からの熱損失量と天井、壁、床、窓などの外皮合計面積で割った値です。数値が小さいほど断熱性能が高い住宅です。

外皮平均熱貫流率(U<sub>A</sub>値)
外皮平均熱貫流率(U<sub>A</sub>値)
■地域区分ごとの基準値
地域区分 1 2 3 4 5 6 7 8
UA 0.46 0.56 0.75 0.87 -

2)冷房期の平均日射取得率(ηAC値)

住宅に日射がどの位入ってくるかを表したのが日射熱取得率です。平均日射熱取得率とは、住宅全体の日射取得量を天井、壁、床、窓などの外皮の合計面積で割った値です。数値が大きいほど、日射熱が侵入しやすい住宅です。

冷房期の平均日射取得率(η<sub>A</sub>C値)
冷房期の平均日射取得率(η<sub>A</sub>C値)
■地域区分ごとの基準値
地域区分 1 2 3 4 5 6 7 8
ηAC - - - - 3.0 2.8 2.7 3.2

※一般社団法人住宅性能評価・表示協会で公開されている計算書に当社で追記したものです。

※本計算書(Excel)を使用したことによる損害、または第三者からの請求につきましては弊社では責任を負いかねます。何卒ご了承ください。

2.一次エネルギー消費量基準

住宅・住戸の居室における用途面積・地域区分や延床面積に応じて、家電を除く各設備機器によるエネルギー消費量を「エネルギー消費性能計算プログラム(住宅版)」にて評価します。

一次エネルギー消費量の算定には外皮平均熱貫流率(UA値)、冷房期日射熱取得率 (ηAC値)、暖房期日射熱取得率 (ηAH値)が必要です。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

各種資料・お問い合わせ

  • Aclear
  • YOSHINO
  • ガラス繊維協会
  • HEAT20
  • 断熱リフォーム
  • 浴室断熱リフォーム
右
左