SDGsへの取り組み|グラスウール断熱材・吸音材・保温材、産業資材の旭ファイバーグラス

search
contact

SDGsへの取り組み

旭ファイバーグラス > 会社情報 > CSR > SDGsへの取り組み

持続可能な社会の実現へ

SDGsは2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発」のため、 2030年までに社会課題を解決すべく17のゴール・169のターゲットから構成された国際目標です。

旭ファイバーグラスでは、「私たちは人と地球の未来のために、快適環境作りに貢献します」という企業理念の下、企業活動を通じてSDGsの目標達成と持続可能な社会の実現に向けた取り組みを吉野石膏グループの一員として進めています。

持続可能な社会の実現へ

1.快適環境を実現する製品・機能の提供

グラスウール断熱材を主とする建材及び工業材料を通じて、『暖かさ』『涼しさ』『静かさ』『軽さ』『美しさ』『便利さ』などの『快適環境』を実現する製品・機能をお届けしています。断熱性能の高い製品は、家庭で使われるエネルギーの効率化に貢献し、そのことが地球温暖化の原因の一つとされているCO2排出の削減につながります。

1.快適環境を実現する製品・機能の提供

2.製造者としての責任

製品を製造する工程だけでなく、原料調達や製品輸送など様々な場面で、消費するエネルギー効率の向上、環境基準の遵守、廃棄物の削減などに取り組んでいます。加えて当社グラスウール製品は建築物の解体時に製品が分別しやすい仕様となっており、廃棄されるまでを製造者としての責任と捉えています。

2.製造者としての責任

3.リサイクルへの取組み

旭ファイバーグラスで製造しているグラスウール製品は、他業種や市中から回収されたリサイクルガラス、また自社の製造過程から発生する製品端材を原料としています。原料の80%以上はこれらを使用し高いリサイクル率となっています。また広域認定制度を活用し、建設現場から廃棄される製品の回収も推進しています。また太陽光パネルや自動車等のリサイクルガラスを新たな原材料として利用できるよう調査研究を行っています。

3.リサイクルへの取組み

4.省エネ住宅普及の取組み

お客様が断熱性能を高めた省エネ住宅を採用して頂くことにより、CO2排出削減に寄与できます。啓蒙推進のために断熱材に関する様々な提案や講習会を通して、お客様に省エネ住宅の重要性を訴求しています。

4.省エネ住宅普及の取組み

5.働きやすい安心安全な職場環境

企業の一員として、社会の一員として、法令遵守・安全活動に努め、教育制度の充実、公平な労働条件の達成、ワークライフバランスなど個人の多様性を尊重した働きやすい環境づくりに取り組んでいます。
施工業者様に対しては、従来よりも手触りが良く扱い易い製品をお届けすることで、作業のし易さを応援しています。

5.働きやすい安心安全な職場環境

吉野石膏グループの取り組みはこちら

SDGs.png

各種資料・お問い合わせ

  • Aclear
  • YOSHINO
  • ガラス繊維協会
  • HEAT20
  • 断熱リフォーム
  • 浴室断熱リフォーム
右
左