環境への取り組み|グラスウール断熱材・吸音材・保温材、産業資材の旭ファイバーグラス

search
contact
旭ファイバーグラス > 会社情報 > CSR > 環境への取り組み

環境への取り組み

環境方針

旭ファイバーグラスは、企業理念の「私たちは、人と地球の未来のために、快適環境作りに貢献します」を基に、製品の開発、生産及び販売活動において地球環境への負荷低減活動に取り組みます。

  1. 私たちは社会に対して「協働は信頼なり、対話と互恵を」の信条をもって臨み、常に入り口から出口までのすべてのプロセス(原料調達、生産、廃棄物など)で、省エネルギー、省資源、廃棄物の削減、公害抑止を追及しつづけます。
  2. 私たちは、地球温暖化抑止、有害物質低減など、環境に有益な商品を開発し提供してゆきます。
  3. 開発、生産及び販売活動に関る環境関連法令及びその他の要求事項を遵守します。
  4. この環境方針達成のため、環境目標を設定し全従業員をあげて環境管理を推進します。また、環境目標は、変化している状況及び情報を反映して定期的及び必要に応じて見直し、改訂します。
  5. 環境マネジメントシステムは、ISO内部監査を中心としたPDCAサイクルによって、その有効性と効率を継続的に改善します。

原料における高いリサイクル率

原料における高いリサイクル率

グラスウールは原材料の80%以上がリサイクルガラスです。
ガラス工場から出るガラスカレットや、市中から分別回収されたガラスびん等が、当社のグラスウール製品としてリサイクルされ、省エネルギーに貢献する製品として生まれ変わっています。

使用済み製品の回収・再利用システム

旭ファイバーグラスは、環境大臣から「広域再生利用指定産業廃棄物処理者」指定 を受けています。
製造工程で発生した端材をガラス原料として再利用する今までの取り組みに加え、市場で発生したグラスウール廃材の引き取りも始めました。
(現在はビル建築物において実施)
廃棄物の発生を抑制し再資源化に努め、資源循環型社会の形成に貢献しています。

環境マネジメントシステムの登録内容

旭ファイバーグラスは、ガラス繊維製品の研究開発・製造等について、環境マネジメントシステムの国際規格である、ISO14001の登録を取得しています。

登録番号 JSAE1613
登録機関 一般財団法人 日本規格協会
登録範囲 下記製品の設計・開発及び製造
  1. グラスウール製品
  2. 複合材製品
  3. モールド製品
  • JSA
  • JAB

各種資料・お問い合わせ

  • Aclear
  • YOSHINO
  • ガラス繊維協会
  • HEAT20
  • 断熱リフォーム
  • 浴室断熱リフォーム
右
左