###_DCMS_PAGE_TITLE_###|グラスウール断熱材・吸音材・保温材、産業資材の旭ファイバーグラス

search
contact
旭ファイバーグラス > お役立ち情報 > 平成28年省エネルギー基準の概要

平成28年省エネルギー基準の概要

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

省エネ基準の推移

平成28年省エネ基準は平成25年省エネ基準の一部見直しを行い、建築物省エネ法体系のなか、平成29年4月1日より正式に施行がスタートしました。

昭和54年省エネ法が施行され、翌年の昭和55年に基準が制定されました。この省エネ基準は平成4年、平成11年に基準が強化され、通称次世代基準として約14年間運用され、平成25年に大きく改正が行われました。従来の断熱基準に設備の一次エネルギー消費量基準を追加したもので住宅全体の省エネ性能を評価することになります。

平成28年省エネ基準の概要

基準 内容
建築主の判断基準 外皮の性能基準 ①外皮平均熱貫流率 UA
②冷房期の平均日射熱取得率 ηAC
建築主の判断基準 ③一次エネルギー消費量基準
仕様基準 開口部U値基準、日射遮蔽仕様、設備の仕様基準

外皮の性能は従来の熱損失係数Q値が外皮平均熱貫流率UA値へ、夏期日射熱浸入率μ値が冷房期の平均日射熱取得率ηAC値に変わります。一次エネルギー消費量を含め、①~③は住宅住戸ごとの計算が必要となります。
また、開口部の性能を強化することにより、従来の仕様規定が採用され、断熱材の熱抵抗R値基準の適用ができます。ただし、トレードオフ制度の適用は認められません。日射遮蔽仕様基準、設備の仕様基準に従えば、計算が不要で平成28年省エネ基準に適合できます。

一次エネルギー消費量

化石燃料、原子力燃料、水力、太陽光など自然界から得られるエネルギーが[一次エネルギー」で、これを加工、変換して得られるエネルギー(電気、灯油、都市ガス等)を「二次エネルギー」と言います。建築物では二次エネルギーが多く使われており、それぞれ異なる単位(KWh、ℓ、㎥)で使用されて、それを一次エネルギー消費量へ換算することで建築物の総エネルギー消費量を同じ単位(MJ、GJ)で求めることができるようになります。

一次エネルギー消費量

平成28年省エネ基準の内容

住宅の断熱性能
一次エネルギー消費量

1.外皮平均熱貫流率(UA)の基準

ここで建物外皮とは外部と室内を熱的境界となる屋根又は天井、外壁、床、開口部、土間床水平部位のことを言います。(基礎立上がり地盤面から400mm部は除く)

外皮平均熱貫流率

外皮平均熱貫流率

2.冷房期の平均日射熱取得率(ηAC)の基準

日射熱取得率

日射熱取得率

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

各種資料・お問い合わせ

  • Aclear
  • YOSHINO
  • ガラス繊維協会
  • HEAT20
  • 断熱リフォーム
  • 浴室断熱リフォーム
右
左