旭ファイバーグラス > 工法・事例紹介 > 新築住宅向け断熱工法 > グラスウール充填断熱工法

グラスウール充填断熱工法

グラウウール充填断熱工法は、グラスウールの標準的施工方法です。隙間なく、防湿・気密層をしっかりと連続して施工をすることでグラスウールの断熱性能が発揮されます。
ここでは、グラスウールの標準的な充填断熱施工方法の部位毎のポイントを紹介します。

グラスウール充填断熱施工の基本的な考え方

【断熱施工の基本的な考え方】
断熱施工の基本的な考え方

断熱及び防露性能を確保するために、断熱・防湿・気密層のラインは途切れることなく、連続性を保てるように施工する事が基本です。

断熱施工の3つのポイント

  • 気流止め(床下や小屋裏から外壁・間仕切り壁に外気が入りこまないようにする)
  • 断熱材を隙間なく施工する
  • 室内側に気密層・防湿層を連続させる

部位別施工方法のポイント

床施工のポイント

(1)剛床の場合
  • 土台・大引間にアクリアUボードピンレスを充填します。
  • 剛床の場合床下地材で床下からの気流が止められます。
剛床の場合
(2)根太床の場合
  • 根太間にアクリアUボードNTを施工します。
  • 床下からの気流を止めるために、気流止めを施工します。
根太床の場合
  • 4地域以南の気流止めは防湿フィルム付きグラスウールの仕様でも可能です。(筋違がある部分には適用できません)
根太床の場合

壁施工のポイント

グラスウールを壁間に隙間なく施工します。

(1)防湿フィルム付グラスウールの場合

〔 アクリアネクストの防湿フィルムは、防湿・気密層になります 〕

  • グラスウールを壁間に隙間なく施工し、防湿フィルムを柱・間柱、梁・胴差の見付け面に重ねて止めます。
壁施工のポイント
壁施工のポイント
  • 筋交い部分はグラスウールを隙間無く充填し、筋交い表面に防湿フィルムを施工します。
壁施工のポイント
(2)別張り防湿シートの場合

〔 防湿シートは、JIS A 6930に適合する厚さ0.1mm以上のものまたは、0.2mm以上のものを推奨します〕

  • 外壁の寸法に適合する幅・長さのグラスウール(アクリアウールなど)を用い、柱と間柱間に充填します。
  • 防湿シートは室内側に縦又は横方向に貼ります。防湿シートは、柱・間柱、桁・胴差などの木材の目付け面にタッカーで止めます。
別張り防湿シートの場合
別張り防湿シートの場合
  • フィルムの下部は床下地材に留め付け、仕上げ材で押さえて床の気密層につなげます。(ボードの受け材に留め付けるか気密テープで処理することも可能)
別張り防湿シートの場合
  • 壁のボードで柱・間柱、桁・梁の防湿フィルムを押さえ付けます。
別張り防湿シートの場合
  • ボードを張り上げることで胴差を介して2階に断熱、防湿層を連続させます。
  • 2階が根太床の場合は気流が壁内に入らないように気流止めを施工します。
  • 最上部はボードを桁まで張り上げる事で気流止めが不要になります。
  • 天井野縁は壁のボード張り上げ後に施工します。
  • 野縁を先に施工する場合は断熱材充填後に野縁を施工し、野縁上部もボード等でフィルムを押さえ付けます。(ボードで押さえられない場合は、気密テープによる処理も可能です)
天井野縁
  • コンテントボックスを取付ける場合は気密コンセントボックスカバーを取付けます。(4地域以南は推奨)
気密コンセントボックスカバー
  • 断熱層を貫通する部分は気密テープ等の気密補助材を使用して隙間を塞ぎます。
断熱層を貫通する部分は気密テープ

天井施工のポイント

別張り防湿シートが防湿・気密層になります。小屋裏の外気が壁内に入らないよう気流止めを施工します。

(1)外壁との取り合い
  • 壁のボードを桁・梁まで張り上げ、野縁を組みます。
  • 野縁の上に断熱材を隙間なく敷き詰めます。
  • 室内側に防湿シートを施工します。
天井施工のポイント
天井施工のポイント
防湿層を省略できる要件
(2)間仕切壁との取り合い
  • 小屋裏から間仕切壁に外気が入らないよう気流止めを施工します。
  • 気流止め上部が断熱欠損とならないように注意します。(壁用又は天井用の断熱材をあらかじめ充填しておきます)
間仕切壁との取り合い
(3)下屋
  • 下屋は2階壁から1階天井まで下がり壁をつくり、断熱・防湿層を連続させます。
  • 下屋下に浴室がある場合も野縁を組んで天井をつくり断熱防湿層を連続させます。
下屋
グラスウールの断熱施工に関する詳しい情報は、ウェブカタログ 「グラスウールの断熱施工 推奨マニュアル」
お役立ち動画 「グラスウール断熱材「アクリア」の施工方法」で、ご紹介しています。
  • Aclear
  • YOSHINO
  • ガラス繊維協会
  • HEAT20
  • 断熱リフォーム
  • 浴室断熱リフォーム
右
左