旭ファイバーグラス > 工法・事例紹介 > 新築住宅向け断熱工法 > ライザーボードによる通気層タイプの外断熱工法

ライザーボードによる通気層タイプの外断熱工法

ライザー工法は、RC構造の住宅における、グラスウール断熱材を使用した外断熱・通気層工法(乾式)です。
内断熱による結露問題と、外断熱による防火の問題を同時に解決する、理想的な工法です。

暖房停止後の温度降下の比較(測定例)

工法の概要

  • ライザー工法は、通気層工法なので躯体や室内から発生する湿気を通気層から排出し結露を防止したり、外装材に加わる熱応力を低減するなどの利点があります。
  • 超撥水外断熱用グラスウール「ライザーボード」を使用することで、防火性に優れており、発泡系断熱材を使った外断熱に比べ、火災に強い工法です。
  • 既存の建物にも外側から断熱工事ができ、仮住まいをすることなく断熱リフォームが可能です。
ライザー工法

施工例

施工例
この工法に関連する製品
  • Aclear
  • YOSHINO
  • ガラス繊維協会
  • HEAT20
  • 断熱リフォーム
  • 浴室断熱リフォーム
右
左