高性能断熱材アクリアαについて|グラスウール断熱材・吸音材・保温材、産業資材の旭ファイバーグラス

search
contact

アクリアαについて


アクリアα

アクリアアルファ

2014年7月に世界初※1! 約3ミクロンの超細繊維により、住宅用グラスウール断熱材としては世界最高水準となる熱伝導率 0.032W/(m・K)を実現したアクリアαシリーズを発売しました。2015年1月、一般財団法人省エネルギーセンターが主催する平成26年度「省エネ大賞」の製品・ビジネスモデル部門において「資源エネルギー庁長官賞[製品(業務)分野]」を受賞しました。

さらに進化したアクリアをご覧ください!

平成26年省エネ大賞

高性能のひみつ

グラスウール断熱材は内部の空気の移動により熱が伝わります。
繊維の本数が多いほど空気が移動しにくく断熱性能が上がりますので、同じ密度でも繊維が細いほど繊維の本数が増え断熱性能が高くなります。

アクリアαは世界初※1となる約3ミクロンの超細繊維

一般のグラスウール

一般のグラスウール λ=0.050※2 
【グラスウール10K】
平均繊維7~8ミクロン

高性能グラスウール

高性能グラスウール λ=0.038※2
【アクリアウール16K】
平均繊維5~6ミクロンン

高性能グラスウール(細繊維)

高性能グラスウール(細繊維) λ=0.038※2
【アクリアネクスト14K】
平均繊維4~5ミクロン

独自の技術でさらに細く

高性能グラスウール(超細繊維) λ=0.032※2
 【アクリアα 36K】 
平均繊維3~4ミクロン

一般のグラスウール



 ※1 住宅用グラスウール断熱材(成形品)として。当社調べ、2014年7月1日発売時。   ※2 23℃の時の熱伝導率(W/(m・K))

アクリアαの断熱性能

アクリアαは繊維径約3ミクロンの超細繊維。密度36㎏/㎥ で 熱伝導率 0.032W/(m・K)、密度20㎏・㎥ で 熱伝導率 0.034W/(m・K) と高い断熱性能を実現しました。

断熱性能(熱抵抗値:R値)で比べてみると

断熱性能(熱抵抗値:R値)

36Kタイプは、 北海道の壁・床に厚さ105㎜で省エネ基準に対応

H28年省エネルギー基準(仕様基準)において、北海道(1・2地域:寒冷地)では、壁・床に要求される性能は、熱抵抗値(R値) 3.3㎡・K/W 。アクリアα36Kなら 105㎜で熱抵抗値 3.3㎡・K/W、一般的な住宅の壁厚(105㎜:3.5寸) にピッタリ。
壁内への充填断熱+壁外への付加断熱の二重断熱をしなくても、H28年省エネルギー基準に対応可能な断熱材です。

36Kタイプ

20Kタイプは、 本州以南のZEH・高断熱住宅に対応

日本の目標であるCO2削減量 26%を実現のために、住宅分野では2020年に省エネルギー基準の義務化及びZEHを標準的な新築住宅とし、2030年には新築住宅の平均でZEHとすることを掲げています。
アクリアαの20Kタイプは、本州での壁・天井の施工に合わせ防湿フィルム付きをラインアップ。本州以南でのZEH・高断熱住宅に最適な断熱材です。

アクリアαのラインアップ

AclearNext+alpha

密度:20K  厚さ:105㎜ R値:3.3
防湿フィルム厚さ 50ミクロン

AclearNext+alpha
天井
AclearMat+alpha

密度:20K 厚さ:155㎜ R値:4.6
防湿フィルム厚さ 18ミクロン

AclearMat+alpha
壁・天井
AclearWool+alpha

密度:20K 厚さ:89㎜  R値:2.6
密度:20K 厚さ:105㎜ R値:3.1
密度:36K 厚さ:105㎜ R値:3.3
防湿フィルム 無し
※厚さ89㎜品は平成26年度省エネ大賞の対象外です。

AclearNext+alpha
天井
AclearUボート+alpha

密度:36K 厚さ:105㎜ R値:3.3
透湿性不織布付き

AclearUボート+alpha

各種資料・お問い合わせ

  • Aclear
  • YOSHINO
  • ガラス繊維協会
  • HEAT20
  • 断熱リフォーム
  • 浴室断熱リフォーム
右
左