ガラス繊維の安全性と健康|グラスウール断熱材・吸音材・保温材、産業資材の旭ファイバーグラス

search
contact
旭ファイバーグラス > グラスウールについて > ガラス繊維の安全性と健康

ガラス繊維の安全性と健康

ガラス繊維は健康への影響についても十分配慮されています。ガラス繊維の安全性や健康への影響について解説します。

触れるとチクチクしたり、かゆくなることがあるが、皮膚への影響は?

チクチクは一時期的なもので、皮膚に炎症等は起こしません。
ガラス繊維は普通のガラスと同様に不活性の物質で、毒性はなく、たとえ皮膚の表面に物理的な刺激を与えたことで、一過性のかゆみを感じさせたとしても、皮膚炎を生じたりアレルギーを起こすことはありません。まれに皮膚が過敏な方に炎症等を起こすことがありますが、ガラス繊維を取り除くことにより解消されます。

不快な刺激を避けるために、加工や施工作業のとき、皮膚をガードする手袋や長袖の着衣、保護メガネや帽子などを使用することをお薦めします。また作業前に保護クリームを塗るのも効果があります。作業後は、石けんと水で皮膚を洗い流したり、目洗いをすることなどを心掛けてください。

触れるとチクチクしたり、かゆくなることがあるが、皮膚への影響は?

ガラス繊維を吸ってしまった場合の健康への影響

ガラス繊維は、人工的に製造された非晶質繊維(結晶質でない繊維)で、折れても繊維の太さが変わらないため、肺奥まで到達しにくく、仮に到達しても体液に溶け易く、短期間で体外に排出されます。

遊離珪酸粉塵によって引き起こされる「珪肺病」についても、ガラス繊維は遊離珪酸を含んでいませんので発病しません。ガラス繊維の安全性については、世界中でこれまで50年以上にわたり安全に使用されていること、さらに、大規模な製造工場や施工現場での実態調査また動物への吸入実験でも実証されています。

ガラス繊維も一般の粉塵と同じ異物です。吸入しないような対策を講じることに越したことはありません。特に換気の悪い空間での作業や、動力で切断加工を行なう場合には、局所排気装置を取り付けるか、防塵マスク等の保護具を着用してください。

ガラス繊維を吸ってしまった場合の健康への影響

グラスウールの発がん性について

グラスウールによるヒトの発がん例は皆無です。通常の作業環境では、がんをはじめとする呼吸器系の疾病を起こす危険性はまったくありません。40年以上にわたる世界でのヒトに対する疫学研究で、ガラス繊維に携わっている人の健康診断結果や死因調査報告の中に、ガラス繊維が原因と考えられる異常や所見は認められていません。

国際がん研究機関(IARC)は、グラスウールを"ヒトに対する発がん性について分類できない物質"カテゴリー<3>に分類しています。その安全性は国際的にも高く評価されています。

ガラス繊維の発がん性について

危険なアスベストとガラス繊維の違い

ガラス繊維は、アスベストとは異なり、肺に入り込みにくく、又非晶質な(結晶ではない)ため、体液に溶けて排出されます。

アスベストは、天然の結晶性鉱物繊維で、1ミクロン以下の極めて細い繊維の集合体(束)なので、容易にタテに割れて細くて長い繊維になり、肺の奥深く、肺胞にまで到達してしまいます。 生来持つタフさから体内の免疫機能に対する耐性が強く、また体内でさらに割れて細い繊維になり、肺胞等に刺さったまま排出されずに異物として生涯体内に留まり、さまざまな病気を引き起こす原因となります。

一方、ガラス繊維は、人工的に製造された非晶質繊維(結晶質でない繊維)で、折れても繊維の太さが変わらないため、肺奥まで到達しにくく、仮に到達しても体液に溶け易く、短期間で体外に排出されます。

国際がん研究機関(IARC)は、アスベスト(石綿)を”ヒトに対して発がん性のある物質”としてカテゴリー<1>に分類しています。

危険なアスベストとガラス繊維の違い

グラスウール(ガラス繊維)断熱材を使用した住宅の安全性

再飛散はほとんどなく、健康に影響を及ぼしません。
一度施工されたグラスウールからの再飛散はほとんどなく、実際に施工された住居やビルの環境測定でも、その濃度は戸外と同レベルの極めて少ない数値でした。また、グラスウール断熱材は壁体内に施工されるので、室内側の空気を汚染することもありません。

最近、住宅の汚染化学物質としてホルムアルデヒドが注目されています。合板や塗料、接着剤が放出するホルムアルデヒドに比べ、グラスウールからの発生量は極めて少なく、しかも主に壁体内に施工されるので室内環境への影響はありません。

グラスウール(ガラス繊維)断熱材を使用した住宅の安全性

各種資料・お問い合わせ

  • Aclear
  • YOSHINO
  • ガラス繊維協会
  • HEAT20
  • 断熱リフォーム
  • 浴室断熱リフォーム
右
左