旭ファイバーグラス > 工法・事例紹介 > リフォーム向け断熱工法 > 内装を剥がさない 断熱リフォーム工法

内装を剥がさない 断熱リフォーム工法

住まいながらにして短期間で、内装材を剥がさずに施工できる木造住宅用断熱リフォームです。
独自の工法や豊富な製品、実績により、夏場の暑さ対策に天井面へ、冬場の足元の冷たさ対策に床下への断熱リフォーム工法をご紹介します。

【天井断熱施工(天井を剥がさず施工)】

ブローイング工法(天井吹き込み断熱工法)

専門業者による責任施工です。
天井点検口から小屋裏に入り、気流止め施工後、専用の吹き込み機械で「アクリアニューブロー 」を吹き込み施工します。
隙間のない施工が可能で、施工厚さも自由に設定可能。既存断熱材がある場合はその上に吹き込むことも可能です。

ブローイング工法(天井吹き込み断熱工法)
天井敷き込み施工

専天井点検口から小屋裏に入り、壁上部(外周部・間仕切り壁)に外気が入り込まないように気流止めを施工した後、「アクリアマット」「アクリアサンカット」を隙間無く敷き込みます。

天井敷き込み施工

【床断熱施工(床を剥がさずに施工)】

床点検口や床下収納庫から床下に入り、壁下(外周部・間仕切り壁)に外気が張り込まないように気流止めを施工した後、根太間または大引き間に断熱材を充填施工します。根太間に施工する場合は「アクリアUボードNT」を、大引き間に施工する場合は「アクリアUボードピンレス」を使用します。
【床断熱施工(床を剥がさずに施工)】

【壁断熱施工(壁を剥がさずに施工)】

リフォエコボード」の施工

リフォエコボードの角を面取りし、壁にビス止めします。
開口部まわりは必要に応じて見切り材などで処理します。
ボードの継ぎ目をパテ埋めし、壁紙を貼ります。

「リフォエコボード」の施工
リフォエコパネル」の施工

既存壁に壁用面ファスナーを取り付けます。
リフォエコパネルを馬目地に貼ります。
開口部まわりはカッターナイフで切断し、専用の見切り材を施工します。

「リフォエコパネル」の施工
断熱リフォーム事例ブック「快適温度の家づくり」
断熱リフォーム事例に関する詳しい情報は、webカタログ「快適温度の家づくり」でご紹介しています。
  • Aclear
  • YOSHINO
  • ガラス繊維協会
  • HEAT20
  • 断熱リフォーム
  • 浴室断熱リフォーム
右
左