旭ファイバーグラス > 工法・事例紹介 > 住宅用断熱材施工事例 > 【新築】自然素材の活用や温度差のない家

【新築】自然素材の活用や温度差のない家

暖かく、木に囲まれた暮らしを実現

2018年1月、アクリアを使った仕様の藤田様邸をお引渡ししました。
クニヒロ・ホームテック様は、以前、ウールの断熱材を採用していましたが、「コストパフォーマンスが高く、さらにチクチクせず、グラスウールの欠点をなくした素材」と、発売当初からアクリアを採用いただいています。
藤田様邸は、上位グレードあるアクリアαを採用。天井にアクリアマットα155㎜、壁にアクリアネクストα105㎜、床にアクリアUボードピンレスを使用しました。外皮性能はUA値0.52で、BELS☆☆☆☆☆を取得しています。
藤田様はお住いの新築にあたり、暖かな暮らし、木に囲まれた暮らしを望まれており、その両方を兼ねたクニヒロ・ホームテック様に決められました。

◇ お施主様の家づくりへの想い ◇

アパート暮らしでしたが、子供の小学校入学を機に戸建住宅の建設を決意。色々と見て回ったのですが、クニヒロ・ホームテックさんの家は木の暖かさを感じました。
1月に入居しましたが、悩まされていた結露もなく、電気代は2LDKのアパートとほとんど変わりません。子供が一番満喫しているようで、靴下を履かず裸足で走り回っています。


藤田様

◇ 施工会社の想い ◇

1951年に製材所として事業をスタート、以降、建材・サッシ・住宅設備機器の取り扱いに事業領域を拡大、10年程前には新築住宅事業、リフォーム事業を開始し、地域に根差した住宅供給を続けています。住宅事業スタートにあたり、まず「自然素材で作られた家」、「強い家」など「10の理念」を設定しました。
そのなかでも第一に考えられるのが「家中の温度差が少ない家」です。さまざまな取り組みを進め、現在では、BELS☆☆☆☆☆が標準仕様。リフォームでも断熱改修に力を入れ、暖かさで快適な住まいを提供しています。




福島県西白河郡中島村大字滑津字平名塚3
☎0248-43-2820
http://kunihiro-hometec.jp/


株式会社クニヒロ・ホームテック
取締役会長 國井建男様

住宅の断熱性能

UA値 : 設計値 0.52

採用断熱材

天井: アクリアマットα20K-155㎜
(R:4.6)
壁: アクリアネクストα20K-105㎜
(R:3.1)
床: アクリアUボードピンレス24K-105㎜
(R : 2.9)

施工写真

  • Aclear
  • YOSHINO
  • ガラス繊維協会
  • HEAT20
  • 断熱リフォーム
  • 浴室断熱リフォーム
右
左