【新築】性能、価格、こだわりに応える トータルバランスに優れた注文住宅

旭ファイバーグラス > 工法・事例紹介 > 住宅用断熱材施工事例 > 【新築】性能、価格、こだわりに応える トータルバランスに優れた注文住宅

アクリアαで冬の寒さから解放、
  光熱費も大幅削減

 山内様は、周囲が住宅に囲まれ日差しが入りにくい築約40年の2階建て住宅を3階建て住宅に建替えました。お母様が高齢ということもあり、断熱性能を高めて建物全体の温度差をなくし、快適で健康的な空間にしたいというご要望を持っていました。
 東栄住宅様は標準仕様でアクリアを採用していますが、山内様邸にはアクリアαをご提案。ワンランク上の断熱性能を実現するアクリアαは、山内様のご要望に最も適した選択といえます。
 山内様邸の断熱性能はUA値0.81。仕様は、天井がアクリアマットα20K-155mm、壁はアクリアネクストα(防湿フィルム付)20Kなどとしました。
 2階をヨガスタジオとして、先生や仲間たちとホットヨガを楽しむなど充実した暮らしを送って頂いています。


◇ お施主様の家づくりへの想い ◇

 これまで築約40年の自宅で、冬はエアコンとストーブを併用、更に外出できる程の厚着をして過ごしていました。
 ある時、勤務先である東栄住宅の営業マンに気軽に相談したことをきっかけに建替えることにしました。
 建替え後は、床暖房だけで足元から暖かく、室内着だけで過ごせます。冬の寒さから解放され、しかも光熱費を大幅に低減でき、とても快適に暮らしています。


山内 麻衣 様

◇ 施工会社の想い ◇

住宅性能評価(設計・施工)のW取得を基本に
高性能な家づくりを提案


 東栄住宅様は分譲住宅を中心とするビルダーですが、そのノウハウを活かし、年間100棟を超える注文住宅「SHUKURA」を手掛けています。コンセプトは、性能と価格、こだわりのトータルバランスに優れた家づくり。高性能で低価格な完全自由設計の住まいです。
 住宅性能評価の設計・建設ダブル取得が基本で、標準仕様で、断熱材はアクリア、開口部はLow-Eガラスのアルミ樹脂複合サッシを採用し、断熱性能等級4としています。断熱材はオプションでアクリアαをご用意。お客様のご要望で暖かで快適な暮らしをご提案しています。





株式会社東栄住宅
東京都立川市錦町3-1-6 中野LKビル
☎042-548-3467
http://shukura.jp/


事業開発本部 営業一部
チーフプランナー 野本 聡 様

住宅の断熱性能

UA値 : 設計値 0.81

採用断熱材

天井: アクリアマットα20K-155㎜
(R:4.6)
壁: アクリアネクストα20K
(R:2.6)
床: アクリアUボードピンレスα36K
(R:2.8)

施工写真

  • Aclear
  • YOSHINO
  • ガラス繊維協会
  • HEAT20
  • 断熱リフォーム
  • 浴室断熱リフォーム
右
左