事業案内

お役立ち情報

断熱リフォーム ~ 部位別施工法

断熱リフォーム ~ 部位別施工法

短期間で、施工も容易。住まいの断熱リフォームできます。

天井の施工方法

天井点検口または押入れの天袋などから天井裏へ上がり、専用の吹込み機械で、専用グラスウール断熱材を吹込み施工します。 ※吹込み断熱工法は、専門業者による施工となります。

天井吹込み用断熱材「アクリアブロー」

吹きこみ工法専用の断熱材です。

ブローイング工法

施工に継ぎ目部分がなく、隙間なく施工できます。暑さも自由に設定でき、既存の断熱材の上に吹込むこともできます。

床の施工方法

台所の床下収納庫や和室床から床下に入り、断熱効果の高い床専用のグラスウールボードを充填施工します。

床用グラスウール断熱材「アクリア U ボード」

密度 24K の柔軟性を保ちつつ硬いボード状のグラスウール断熱材で、撥水処理を施しています。

床ボード充填断熱施工

たわみがなく、隙間のない断熱施工ができます。

壁の施工方法

壁の内装・外装リフォームをする際には、壁の断熱リフォームをぜひ一緒にご検討ください。 壁は住宅において最も面積が大きいので、断熱の影響が大きく出る部分であり、住まい全体の快適性の向上につながります。

内装を下地からリフォームする際には充填断熱リフォーム

壁用グラスウール断熱材「アクリア」

防湿層は施工に便利な耳つきで、6面パックの'フルパック'仕様です。

充填断熱施工

防湿層を室内側に向け、防湿フィルムの耳を重ねて連続させるだけで、簡単・確実に気密が確保できます。

外装を塗り替える際には外張断熱リフォーム

外張断熱用グラスウール「MAT-GWOSボード」

不燃材であるグラスウールによる外張断熱専用の高性能・撥水グラスウールボードです。

MAT-GWOS(マット・ジオス)工法

旭ファイバーグラスが開発した、グラスウール断熱材を使用した木造住宅向け外張断熱工法です。簡単・確実に断熱・気密工事ができます。







このページのトップへ