事業案内

お役立ち情報

既築住宅・建築物における高性能建材導入促進事業

既築住宅・建築物における高性能建材導入促進事業

平成26年度補正 既築住宅・建築物における高性能建材導入促進事業

「平成26年度補正 住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入促進事業費補助金(既築住宅・建築物における高性能建材導入促進事業)」は、既築住宅の省エネ改修を促し、省エネを推進するため、省エネルギー性能の高い高性能建材(※)を用いた改修を行う者に補助金を交付し、その活動を支援するものです。

※「一般社団法人環境共創イニシアチブ」(SII)が指定する高性能建材

A.予算
二次公募 23億円
B. 事業詳細、応募要領、申請資料
「一般社団法人環境共創イニシアチブ」(SII)サイト 「平成26年度 既築住宅・建築物における高性能建材導入促進事業」に掲載があります。
C. 制度内容、申請についてのお問い合わせ先
「一般社団法人環境共創イニシアチブ」(SII) 高性能建材担当
TEL 03-5565-4131/FAX 03-5565-4134
(受付時間は平日の10:00~17:00)
D. 旭ファイバーグラス製品 高性能建材対象製品リスト
「一般社団法人環境共創イニシアチブ」(SII)のホームページをご確認下さい。
旭ファイバーグラス 対象製品リスト
E. 制度の概要
※詳細は、「一般社団法人環境共創イニシアチブ」(SII)の公募要領をご覧ください。
  1. 補助額
    • 補助対象費用の1/3以内。
    • 上限150万円/戸
  2. 要件
    • 改修後の一次エネルギーが消費量が15%以上減となること。
    • 上限150万円/戸
    • 下記表内○の組み合わせはエネルギー削減率の計算は不要です。
    • kouseinou_03.jpg

    • 上記以外の組み合わせは、所定の計算式を使い、個別のエネルギー15%削減の計算が必要です。※集合住宅は、窓の改修で可です。
    • 導入する断熱材
    • 天井、壁、床の断熱材は熱伝導率値(λ値)0.041W/(m・K)以下、天井の吹込み断熱工事は熱抵抗値(R値)2.7以上の「一般社団法人環境共創イニシアチブ」(SII)に登録されたもの。 ※断熱材の重ね貼り施工も可能です。
    • 導入する窓・ガラス
    • 熱貫流率(U値)2.33W/(㎡・K)以下の「一般社団法人環境共創イニシアチブ」(SII)に登録されたものを導入する。
  3. 対象費用
    • 「一般社団法人環境共創イニシアチブ」(SII)に登録された高性能建材(断熱材、窓、ガラス)の購入費用と設置工事費用です。
    • 天井、壁、床については、断熱改修に必要な石膏ボード等の材料費と取付け費を含みます。 ※クロス等の仕上げ材、外壁サイディング仕上材、フローリング材は補助対象外です。
    • 補助対象金額の算出は、上記費用の「見積書」と「別途設定されている上限金額(公募要領に記載有り)」のうち安い方が適用されます。
  4. スケジュール(二次公募)
    • 「一般社団法人環境共創イニシアチブ」(SII)から予約者決定通知が届いてから着工しないと補助対象外になります。
    • 二次交付申請受付は6月1日(月)17時締め切り。
    • 工事完了期限は、平成27年12月18日(金)
F. 改修プラン例
  • 改修プラン例(PDF / 490KB)
  • このページのトップへ