|グラスウール断熱材・吸音材・保温材、産業資材の旭ファイバーグラス

search
contact
性能と安心で選ぶなら「アクリア」がオススメです!

理由 01

最新の細繊維技術により
断熱性能がUP

[高断熱をリーズナブルな価格で実現!]

一般的なグラスウール

一般的なグラスウール

アクリアネクスト

アクリアネクスト

グラスウールは、細いガラス繊維が絡み合ってつくられる空間によって、熱を伝えにくくしている断熱材です。高性能断熱材「アクリア」のような高性能グラスウール断熱材は、一般のグラスウール断熱材に比べ繊維径が細く、よりたくさんの繊維が絡み合っているので、断熱性能 がさらに向上しています。

[断熱性能の比較]

断熱性能の比較

理由 02

シックハウス症候群の原因の
一つといわれる。
ホルムアルデヒドを原料に含みません

シックハウス症候群の原因の一つといわれる。ホルムアルデヒドを原料に含みません

ホルムアルデヒドはシックハウス症候群との関連だけでなく、発がん性が指 摘されている有害物質です。高性能断熱材「アクリア」なら、ノン・ホルムア ルデヒド。ご家族の健康と安心に配慮して、ホルムアルデヒドを一切含まな い材料を使用して製造しています。

家族の健康・安心に配慮

高性能断熱材「アクリア」は、安全性が国際的にも 高く評価されているグラスウールです。万一、施工 時に吸い込んだとしても体内に吸収されにくく、発 がんリスクも認められていません。またグラスウー ルは、物質の発がん性評価機関「IARC」(国際がん 研究機関)により“グループ3"に分類され、その安 全性は国際的にも高く評価されています。

家族の健康・安心に配慮

国際がん研究機関(IARC)モノグラフ 2016年6月現在 ※国際がん研究機関は、世界保健機関(WHO)の一機関です。

不燃の断熱材なら火災時 の安全性が違う!

万一、隣家で火災が発生すると、出火から30分程 度で外壁は800°Cを超える高温にさらされることに なります。断熱材のなかには可燃性のものもあり、 発火したり溶けて煙や有毒ガスを発生させる場合 もあるので、不燃の断熱材を選ぶことが大きな安心 につながります。

不燃の断熱材なら火災時 の安全性が違う!

 

豊富ラインアップで、
家全体すっぽり断熱。

高性能断熱材「アクリア」は、幅広いラインナップを取り揃えて いるので天井や壁、床など家を丸ごと断熱できます。

豊富なラインアップで、家全体をすっぽり断熱

【製品ラインナップ】

Alearnext 
[対応部位]
壁
Aclearmat

[対応部位]
天井 壁
AclearWool

[対応部位]
天井 壁 床
AclearUボード

[対応部位]
床
アクリアEブロー

[対応部位]
天井 壁 床

更に進化したアクリアはこちら

各種資料・お問い合わせ

  • Aclear
  • YOSHINO
  • ガラス繊維協会
  • HEAT20
  • 断熱リフォーム
  • 浴室断熱リフォーム
右
左